甲州ワインの歴史一覧

甲州ワインの歴史

甲州種は日本で最も重要な在来種の葡萄(ぶどう)です。葡萄の原産地は中央アジアのカスピ海沿岸地方といわれ、シルクロードを越えてより中国へ伝わり、さらに日本へと伝来したのが約1000年前と推測されます。

日本における甲州種の栽培は、内陸性気候で寒暖の差が大きく、長い日照時間、火山灰土壌による水はけの良さなど、葡萄栽培に適した特徴を持つ山梨県で広まり、日本オリジナルの葡萄として根付きました。

日本におけるワイン造りは、1874年に山梨県で始まったという記録が残っています。1877年に設立された大日本葡萄酒株式会社では青年2名がフランスへ派遣され、その経験を活かして甲州種を使ったワイン造りを国内で初めて開始しました。
甲州の地で岩崎醸造は1941年より創業を始め、約70年間老舗として地元で愛されています。

110628_kosyu-history.jpg

ワインの製造

栽培と醸造の方法

甲州種は樹勢が強く、コンパクトに仕立てるのが難しいとされていますが、近年では伝統的な棚栽培での仕立て方に加え、垣根仕立てへの試みが行われております。また、棚栽培においても、日本の伝統的な剪定方法以外に長梢剪定も試みられ、収量制限や樹冠管理などの技術が発達しています。岩崎醸造では創業以来から大切にしてきた大樽で醗酵させています。岩崎醸造は、甲州種の繊細さを存分に引き出した本格的な辛口ワインで評判です。

110628_wain-taru.jpg

 

品種と味の特徴

甲州種は伝来してから長い年月をかけて日本の風土になじんだ、病気に強い品種です。栽培面積は480haで、全国の総生産量の95%が山梨県で生産されています。
岩崎醸造の株主である130名の農家は、甲州種を古くから生食用として丹精に栽培していました。果皮の色はピンクグレーで、皮には厚みがあります。房はやや長く、果実は中くらいの大きさ。香りは爽やかさの中にオリジナリティーのある風味が感じられ、バランスのとれた心地よい酸味が特徴です。

110628seizohouhou.jpg

甲州の味わい

「甲州」は通常、淡い麦わら色で、柑橘系や白桃などの果実の優しい香りが特徴です。低アルコールで軽やかさがあり、バランスの良い酸味が心地良く、クリー ンで繊細、かつフレッシュ感があります。繊細で微妙な料理の味を消さずに、逆に引き立てる控えめな品の良さを持ちながら、優しいけれど芯のある味わい。特 に日本料理、日本料理にインスパイアされた料理、ヘルシーな料理、魚介類や野菜などの素材を活かした料理とよく合います。

110628_ajiwai.jpg

商品・注文に関するお問い合わせ
telephoneTEL:0553-44-0020
faxtoFAX:0553-44-2754