ワインの製造

栽培と醸造の方法

甲州種は樹勢が強く、コンパクトに仕立てるのが難しいとされていますが、近年では伝統的な棚栽培での仕立て方に加え、垣根仕立てへの試みが行われております。また、棚栽培においても、日本の伝統的な剪定方法以外に長梢剪定も試みられ、収量制限や樹冠管理などの技術が発達しています。岩崎醸造では創業以来から大切にしてきた大樽で醗酵させています。岩崎醸造は、甲州種の繊細さを存分に引き出した本格的な辛口ワインで評判です。

110628_wain-taru.jpg

 

品種と味の特徴

甲州種は伝来してから長い年月をかけて日本の風土になじんだ、病気に強い品種です。栽培面積は480haで、全国の総生産量の95%が山梨県で生産されています。
岩崎醸造の株主である130名の農家は、甲州種を古くから生食用として丹精に栽培していました。果皮の色はピンクグレーで、皮には厚みがあります。房はやや長く、果実は中くらいの大きさ。香りは爽やかさの中にオリジナリティーのある風味が感じられ、バランスのとれた心地よい酸味が特徴です。

110628seizohouhou.jpg

商品・注文に関するお問い合わせ
telephoneTEL:0553-44-0020
faxtoFAX:0553-44-2754