甲州ワインの歴史

甲州種は日本で最も重要な在来種の葡萄(ぶどう)です。葡萄の原産地は中央アジアのカスピ海沿岸地方といわれ、シルクロードを越えてより中国へ伝わり、さらに日本へと伝来したのが約1000年前と推測されます。

日本における甲州種の栽培は、内陸性気候で寒暖の差が大きく、長い日照時間、火山灰土壌による水はけの良さなど、葡萄栽培に適した特徴を持つ山梨県で広まり、日本オリジナルの葡萄として根付きました。

日本におけるワイン造りは、1874年に山梨県で始まったという記録が残っています。1877年に設立された大日本葡萄酒株式会社では青年2名がフランスへ派遣され、その経験を活かして甲州種を使ったワイン造りを国内で初めて開始しました。
甲州の地で岩崎醸造は1941年より創業を始め、約70年間老舗として地元で愛されています。

110628_kosyu-history.jpg

商品・注文に関するお問い合わせ
telephoneTEL:0553-44-0020
faxtoFAX:0553-44-2754