• ・300本限定!印伝風のラベルをまとった、愛らしいワイン!
  • ・高品質のブドウを使用したこだわりのロゼ
  • ・室内で楽しむロゼワイン
  • ・山梨のオススメ桜スポット!
  • ・屋外で桜を楽しんだ後は、ご飯と合わせて一杯♪

300本限定!印伝風のラベルをまとった、愛らしいワイン

桜ろぜリリース

今回リリースする「ホンジョー 桜ろぜ」は、岩崎醸造初となる季節限定のワインです。

ラベルには印伝風の”小桜”のデザインを一部に採用。特別な印刷方法によって文字や小桜を浮き上がらせており、まるで印伝のような郷土愛溢れる愛らしいデザインとなっております。

ワイナリー直営店、通販を中心に、一部の取引先での限られた商品です。

ワイン会でお花見気分を味わうための1本や、ジャケ買いしてお手土産としてご利用ください。

高品質のブドウを使用したこだわりのロゼ

こちらのロゼは見た目だけでなく、味わいにもこだわっています。

ブドウには勝沼産の高品質なブドウを使用。

軽やかながらも豊かな味わいをワインに与えるため、「セニエ法」つまり果汁と果皮・種を漬け込み醸した後に液抜きしたワインで造っています。

醸造家曰く、セニエ法で造るロゼは味わいや色が狙ったところに行きにくい難しい方法らしいのですが、この作業によって「滑らかで緻密なボディを備え、純度の高い風味がよく溶け込んだロゼを造ることができる」とのこと。

世界最高峰のワインの一つであるペトリュスのクリスチャン・ムエックス氏も「セニエによって引き抜く液体はブドウの最良の成分を持っていて、ワインに豊かな味わいを与える」と語っていたそうです。

室内で楽しむロゼワイン

桜ろぜリリース

3月14日に東京都心で観測史上最も早い桜(ソメイヨシノ)の開花が確認された今シーズンですが、新型コロナの感染拡大で宴会自粛が呼びかけられ、各地で花見イベントの中止や自粛要請が相次いでいます。

そんな時だからこそ、室内でゆっくりこのホンジョー 桜ろぜを楽しんではいかがでしょう。

VR花見をする

桜ろぜリリース

ウェザーニューズは外出しなくてもお花見気分が楽しめる「お花見 VR」をスマホアプリ「ウェザーニュース」上で提供しているようです。「お花見 VR」では、スマートフォンで動画を再生すると端末の動きに映像が連動して動画内の風景を360度見渡せます。VRゴーグルがあれば、自分がその桜名所にいるかのような臨場感ある感覚を味わうことができるのです!

アプリでは、人気名所TOP10、東京夜桜編、日本三大桜編など8つのテーマで作成されていて、約50のVRが楽しめます。

桜が出てくる映画を見る

映画大好きの醸造家 白石のオススメは、映画を観ながらワイン。彼の感想とともにオススメの映画を並べさせていただきます。

秒速5センチメートル(監督:新海誠)

【白石のコメント】
「見慣れた風景がいつもより輝いて見えるような、そんな日常によりそった作品」を目指しているだけあって、観ている人も共感できる世界観がありました。少し懐かしい雰囲気に浸りながら、徹底した取材に裏打ちされた美しい映像を楽しめます。ちなみに、SF要素はないので普段アニメーションを観ないよという方にもオススメです。

博士の愛した数式(原作:小川洋子、監督:小泉隆)

【白石のコメント】
事故で記憶が80分しか持たない天才数学者と、その世話するために雇われた家政婦とその息子の交流を描いた作品。桜の映像がとても印象的で、ロケ地は「上田城千本桜まつり」で有名な長野の上田城。「ながむとて 花にもいたく馴れぬれば 散る別れこそ 悲しかりけれ」という、散りゆく桜の儚さを読んだ西行の歌が思い出されます。

蕾桜(原作:宇江佐真理、監督:廣木隆一)

【白石のコメント】
キャッチコピーは「女は、恋さえ知らなかった。男は、愛など信じなかった。美しくも奇妙なその桜が、二人の運命を変えた」。当時は日本版「ロミオとジュリエット」と言われていたのだけれど、とても現代という時代背景を投影した映画だと思います。原作では主人公たちは確か10代だったと思うのですが、そういうのをあまり考えずに観ました。20代〜30代の方は、主人公たちの持つ喪失感みたいなものに割と共感する方もいるのでは?

ル・アーヴルの靴みがき(監督:アキ・カウリスマキ)

【白石のコメント】
これはとにかく老年夫婦役の演技力、そしてストーリーが素晴らしい。愛と優しさに満たされた作品ですが、その中で常につきまとう不安感が作品を引き締めています。

ソローキンの見た桜

【白石のコメント】
これは僕の地元の愛媛県松山市が舞台となった作品です。戦争が題材となっているのでセンシティヴな感想を持つ方もいらっしゃるかと思いますが、映画作品としてストーリーも面白かったので是非見てください。ちなみに、当時の松山を再現するのが難しかったらしく、内子町がロケ地になっているようです。

花見スポットを散策・写真をとりSNSにアップしながらお家飲み

桜ろぜリリース

どうしても外で花見がしたい方は、お花見スポットを散策するのはいかがでしょう。

写真をアップしながらお家のみも良いものです。

せっかくなので、山梨のオススメお花見スポットをいくつか挙げさせていただきます。

特にオススメなのが、北杜市武川町実相寺にそびえる日本三大桜のひとつ、山高神代桜。約2000年の樹齢を持つこのエドヒガンザクラは、日本最古・最高級の巨木として、国指定天然記念物の第1号に指定されています。

桜ろぜリリース

また、宿泊を希望される方は富士ビューホテルもオススメで、しだれ桜やソメイヨシノ、富士桜など300本以上の桜をお楽しみいただけます。

【北杜・韮崎エリア】

・山高神代桜

・眞原の桜並木

・新府城跡の桜

【富士川町・南アルプスエリア】

・身延山久遠寺の桜

・大法師公園の桜

・四尾連湖

【甲府・甲斐・昭和エリア】

・武田神社 武田通りの桜

・舞鶴城公園

【笛吹・甲州エリア】

・慈雲寺のイトザクラ

・かつぬまぶどう郷駅 甚六桜

・石和温泉さくら通り

・万力公園

【大月・富士五湖エリア】

・富士御室浅間神社の桜

・河口湖北岸の桜

・新倉山浅間公園の桜

・岩殿山の桜

・富士ビューホテル

桜ろぜリリース